FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
オクトパストラベラーの戦闘におけるブレイクコントロール
ブレイクしよう!
全ての敵にはそれぞれ弱点属性があり、弱点属性で攻撃するとシールドの数値が減る
シールドの数値を0にすると、敵はブレイク状態になるぞ!
ブレイク状態になった敵は

・相手のターンをキャンセル
・防御力が大幅に下がる

というメリットがあるので、その時にブースト(BP)をかけて大ダメージを与える
これがオクトパストラベラーの基本戦闘である


シールドを減らそう!
シールドの数値は1回攻撃することで1減ることになる
つまり複数回攻撃すれば、1人でも大幅に数値を減らせるのだ

・BPを使って攻撃する
・アビリティで攻撃回数を増やす
・連続攻撃をするスキルを使う

大まかにはこの3通り。ストーリーも進めば、組み合わせることも可能になるだろう
打撃系属性の連続攻撃スキルは命中率が低いので、命中率を補うのも手である



…と、ここまでは大体の人は理解してるわけだが
オクトパストラベラーの戦闘バランスは、結構絶妙なバランスで成り立っていて
(終盤の街に行って買ったり盗んだり誘惑したりして
強力なアイテムをリセマラで入手しなければ…ですが)

単にシールドを割って殴ってれば勝てる!と思ってる人ほど
ボス戦に苦戦してる印象がありました



弱点を予見する
ブレイクするためには弱点を突かないとダメなわけですが
初見の敵の弱点は、数こそわかれど属性はわからないので
ある程度試し撃ちしないといけなくなる
そんなわけで固有スキル「予習」や「しらべる」のスキルを使って予め弱点を探れる
学者のサイラスが強いと言われる理由ですね
大魔法での全体に2回攻撃もできるので、戦闘システムに噛み合ってるわけだ

とまあ少し話題がそれましたが、ある程度敵の弱点属性も絞ることが出来るので紹介しよう


・敵の名前から判断する
これは1番わかりやすいパターン
「炎の~~」「闇の~」という名前の敵がいれば、相反する氷や光属性を使えば大体弱点が取れる

・敵の見た目から判断する
相手はダガーを持ってる使い手なので、短剣は通用しないだろう
鳥系のモンスターを落とすには弓を使おう
木のようなモンスターは木こりのイメージで斧を使おう
といったように見た目から弱点を予見できるパターンもあります
稀に「ある種族にはこの属性が効くよ」と言った情報を村人から聞くこともできるので、情報って大事だよね

・既に知った弱点から判断する
これが出来ると割と上級者
ある程度複数の弱点を持った敵や装備欄などを見ればわかりますが
左から剣・槍・短剣・斧・弓・杖・火・氷・雷・風・光・闇の順になっている
いくつか具体例を挙げてみよう

例1)剣・?・斧・火 の場合、残りの弱点は槍or短剣に絞れる
例2)?・槍・杖・?・風 の場合は、1番左の弱点は剣で確定。もう1つの弱点は火or氷or雷。風で最後なので光と闇はありません

またパーティに学者やサイラスがいた場合
相手の弱点が3つで、その内1つが既に判明している時には
BPしらべるを使って最初に弱点を全て明らかにした方が、弱点探しの試行回数が減るのでペースアップに繋がる


ブレイクをコントロールする
ただ単純にシールド割って殴ればええんやろ?と思ってる人ほど
ボス戦で詰まる最大の原因がここであり
オクトパストラベラーの戦闘における駆け引きや面白さが1番引き出される所で間違いないでしょう
個人的にブレイクコントロールと呼んではいますが
これが出来ると攻略としても魅せプレイとしても非常に美しく綺麗になることでしょう

ブレイクってなんぞや?
このゲームの戦闘の肝なわけですが
ブレイク状態になった敵は、次のターンまで行動できません
いいですか?もう1度言いますよ?
ブレイク状態になった敵は、次のターンまで行動できない
これがすごく大事なわけです

戦闘のタイムラインがこうあったとしましょう
A1|敵2 B2 C2 A2 D2
現在の敵のシールドは残り1で|の区切りと数字は次のターンを表します
主人公Aは敵のシールドを壊す手段を持っていて、パーティのHPは十分にあります
さて、ここでA1が取るべき最善の行動は何でしょうか?
攻撃すればブレイクできるんだから、割ろうぜ!
…と思った人は戦闘センス二流です

上手い人はここで防御を選択します
オクトパストラベラーの防御には、ダメージ軽減の効果の他にも
次のターン早く行動可能という効果もついています
仮にここでA1の行動をブレイク攻撃にすると
B2 C2 A2 D2|敵3 A3 B3 C3 D3|4ターン目~
となり、全力を出せるターンは2ターン目にしかありません
3ターン目には敵の行動が入るので、ダメージや状態異常など不確定要素が入ることになります

一方でA1が防御を取った場合、2ターン目の最初に行動できるので
A1|敵2 B2 C2 A2 D2 でAが防御を取ると次のターンの順番は
A2 敵2 B2 C2 D2 となり、A2の行動時にブレイクを取れば
A2 B2 C2 D2|A3 B3 C3 D3|敵4 A4 B4 C4 D4
3ターン目が安全になり、且つ4ターン目まで見ることが出来る
単純に攻撃するより1ターンお得になるわけだ

またA1が狩人のジョブ持ちで「ねんちゃく糸」のスキル(※行動順が最後にになる効果)を使った場合
B2 C2 A2 D2 敵2 となるので、敵2の行動前にブレイク状態にすれば(B2が出来れば当然最高だね)
3ターン目まではブレイク状態。4ターン目の最初に復活という戦略を練ることが出来る
補足すると、ブレイク状態回復後の敵は確定でターンの最初に行動する
行動に関するスキルの能力はその時だけ無効化されるので注意だ

要するに敵が行動する前にブレイクすることで安全行動回数を増やすこと
これがオクトパストラベラー戦闘での勝利への最も近づく行動パターンだ
ボス戦では溜めの予備行動から強力な攻撃をしてくることもあるが
ブレイク状態にすることでその溜め強化攻撃も無効化できるので、被ダメージを抑える有効な手段である
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

*プロフィール*

saku

Author:saku
ラテールプレイ日記(だったもの)
コメント・拍手はお気軽にどうぞ
相互さんも密かに募集中

ラテール・ブログ

*カテゴリー*
MH4G (12)
MHX (4)
MHXX (5)
*ブログ内検索*
*月別アーカイブ*
*最近の記事*
*最近のコメント*
*あくせす*
*ニコニコマイリスト*




*黒ねこ時計*
*My ついった~*
*We love マンゴー*
*RSSフィード*
*リンク*
*著作権表記*
©2006 Actozsoft, All right reserved. ©2006 Gamepot Inc, All right reserved.